「薫風之音の変幻自在なライブスタイルが詰め込まれた珠玉の一枚」
シンプルな二重奏では、胸を締め付けるような美しい音色で美しいメロディを奏で、激しいロックアレンジが施された曲では、当たり前のように大胆かつ悠然と力強い音色で音楽をリードする。薫風之音の二人だからこそ実現できる「和楽器エンターテイメント」が存分に楽しめる。
箏・尺八による多重奏、箏のみによる二重奏、ピアノ、パーカッションアレンジが施された「籠の鳥」、ロックアレンジの「突破」など、聴き応え抜群の4thアルバムです。
箏と尺八の音色で綴られる薫風之音の世界をCDでもお楽しみください。

4枚目のアルバム「烈風の抄」では、様々なアーティストへの楽曲提供でも活躍する、ギタリストの坂井崇人をサウンドプロデューサーに迎え、全曲のサウンドプロデュース、さらに「突破」のアレンジ、プログラミング、ギターを担当していただきました。

「突破」では、ギター坂井崇人、ドラム山下政人、ベース梅沢茂樹が参加。
「籠の鳥」には、ピアノ川崎祥子、パーカッション藤島玲子が参加。

そして、全曲のミックス、マスタリングは、米山雄大によるアーティスティックなミックスが実現いたしました。

薫風之音の変幻自在なスタイルのライブスタイルを存分に堪能できる一枚です。

箏にワクワク!尺八にドキドキ!日本の伝統楽器が変幻自在に “今”を刻む!
「陽だまりに香る」「疾風迅雷」「突破」を含む全7曲を収録した、の4枚目のアルバム